2024年6月24日月曜日

2024年6月17日月曜日

公民館事業報告

 長住いきいき教室

人物歴史講座 紫式部 ~もののあわれをいかんせん~

講師 今長谷 照子 (郷土史家)

6月4日(火)13:30~15:30

今年の大河ドラマは「紫式部」

今回もまた、資料表紙の絵は今長谷先生です。

紫式部は、資料もほとんど残ってなく、生まれたのも、亡くなったのもいつなのか正確にはわかってないそうです。

源氏物語は400字詰め原稿用紙2400枚にもわたる超大作で、ゆるぎない筆の力が時を超え、国を超え、現在では30か国で翻訳されているとのこと。 

平安時代の様子、暮らしなどを紐解きながら、紫式部を語っていただきました。

(清少納言と同じ時代を生きていても、実は親交は無かった、などなど)

「因果応報」「無常」「「広い価値観で」「天知る地知る我知る人知る」などなどたくさんのキーワードが出る講座でした。

紫式部の絵は先生の手描きです








公民館事業報告

 「キラ☆キラ de Gate」(親子リトミック)」

講師:北條 美津江 氏(ピアノ)・太田 智子 氏(ソプラノ)

今月は10組定員のところ、14組の申し込みがあり、ホールは満杯。

今日もひとりひとりの名前を呼ぶことからはじまり、親子で洗濯ごっこをしたり、みんなで輪になってボール渡しをしたり、雨降りクマの子のペープサートがあったりと内容ももりだくさん!

 キラキラに来はじめのころは寝たままだった子が、カスタネットをたたけるようになったり、走りまわったり、恥ずかしがったり、と年月を感じます。

 次回は、長住公民館の内部改修工事のため、6、7月はお休みで、8月23日に仮館舎(旧西長住公民館)で開催の予定です。また一緒に楽しい時間を過ごしたいものです。



公民館事業報告

 長住いきいき教室

歌舞伎講座 ~六月博多座大歌舞伎みどころ解説~

講師 足立 憲彦 先生(歌舞伎大向こう・飛梅会会長)

今年も六月博多座 大歌舞伎の季節となりました。

長住の歌舞伎講座は今年で18年目になります。毎年楽しみにして来て下さる方が多い講座です。

 博多座は今年で開場25周年の記念すべき年です。

今回の演目は、昼の部が「①修善寺物語、②身替座禅、③新口村」、夜の部が「東海道四谷怪談」で、昼夜で、演目の内容や、上演の仕方を工夫しているそうです。 

四谷怪談は2202年以来、22年ぶりの博多座での公演。22年前の公演時は、知らずに毒を飲もうとする勘三郎さんに、観客席のご婦人方が「飲まんとヨーッ!」と叫んだとか。勘三郎さんは、そのことをいまだにお話しされるほど感激されていたそうです。



2024年6月5日水曜日

2024年5月10日金曜日

花便り

  

 公民館玄関前の薔薇がたくさん咲きました。10数年前から大きなプランターに植えていたのですがここ数年はちょっと元気がなくなっていました。お花に詳しいサークルの方や、校区の緑のボランティアさんが丁寧にお手入れをしてくださったおかげで、今年はたくさんのつぼみがつき、華やかに咲いてくれました。来館される方の目を楽しませています。














人物歴史講座のお知らせ